Laquer lover in Kyushu

国産漆の生産量は、需要量の2%程度でしかなく、残りは中国からの輸入により賄われています。
今後、文化財の修復など国産漆の確保が必要になります。九州漆の会では、そういった危機的状況にある国産漆の保全・普及活動を行っています。
アトリエキノトでは約30本の漆の苗を育てています。
ここでは、九州漆の会の活動記録、漆の木の観察日記などを更新しています。